シャーリー富岡と斉藤洋美が試写会で観たロマンス、コメディ、ヒューマンドラマ、ファンタジー、アニメーション、アクション、ヒストリー、そして、おしゃれな映画を中心に紹介。二人のゆる〜いトークもお楽しみに。

繕い裁つ人

繕い裁つ人

「しあわせのパン」の三島有紀子監督と中谷美紀が放つ飛びっきりハートウォーミングで美しい映画「繕い裁つ人」。

食と人を結ぶテーマ「しあわせのパン」そして「ぶどうのなみだ」で映画を作ってきた三島有紀子監督は「いつか仕立て屋の映画を作りたい」と想い、彼女の願いが叶った。

大人の女性から圧倒的な人気を誇る池辺葵原作コミックス「繕い裁つ人」と出逢い、主人公の"頑固じじい"の様な老舗洋裁店の二代目の南市江に感銘を受け、実写化となった。

「衣」と言うテーマと仕事に生きる女性のスピリットが融合した他にはない、三島有紀子にしか表現できないビジョンと解釈で表現。

神戸の街を見渡す丘の上にある古い洋館の一軒家に「南洋裁店」の小さな看板がかけてある。
ここは中谷美紀演じる仕事以外生きることが不器用な女性、南市江が毎日の様に亡くなった一代目の祖母が使ってたミシンを踏んでいる。

市江は祖母が作った服のお直しやリメイクをすることが主にメインだが、生活のためとして知り合いのお店に自分のオリジナルを数点デザインし販売している。昔ながらの職人スタイルで作られる一点物の服は全て即日完売。その服に興味を持った神戸のデパートに勤める藤井がブランド化を望み市江にアプローチするが、市江は全く興味を示さない。

南洋裁店の服は世界に一着だけの一生もの。祖母の作ったそんな服の仕立て直しとサイズ直しをすることで満足だったはずが、藤井の熱心な言葉に市江の心に少しづつ変化が・・・。

才能溢れるキャストとスタッフが勢揃い。

「嫌われ松子の一生」で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞に輝いた中谷美紀。「市江」と言う凛とした姿勢で仕事をする顔。頑固で譲らない姿。チーズケーキが大好物の不器用ながら優しい心を持つ面など、中谷美紀の素晴らしい演技でどんどん市江にひかれて行きます。その美貌にも注目して下さい!

市江fashionも見所の一つ。衣装のデザインはファッションクリエーターの伊藤佐智子によるもの。「春の雪」「空気人形」などの映画にメガヒットしたテレビドラマシリーズ「あまちゃん」の衣装も手掛ける。

神戸の百貨店バイヤーの藤井には「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」で日本アカデミー賞新人俳優賞受賞の三浦貴大。「永遠の0」での彼の演技も絶賛されました。

脚本はその「永遠の0」の林民夫!

藤井の妹には「小さいおうち」でベルリン国際映画祭銀熊賞に輝いた黒木華。

市江の母には実力派女優の余貴美子が陽気にチャーミングに演じている。

友人で市江のオリジナルデザインを唯一置いているお店の店主に片桐はいり。

そっくりな娘と市江の三人がパンを食べるシーンが監督のほのぼのとしたタッチがきいてて最高にキュート。

主題歌の「切手のないおくりもの」は今年デビュー20周年の平井堅のバージョン。

Shirley's notes:


私の家族に服を作る人がいます。なので服を作る人の喜びから大変なことまで間近で見ています。人に喜んでもらえるために、着てもらえるために、彼らの努力と想いがよくわかります。

ここではそう言った服を愛する職人さんたち、服を愛す着る側の人たちの気持ちが現れています。

神戸の街を舞台に衣の職人さんの丁寧でプロフェッショナルな技術の素晴らしさ、服は人を変えること、幸せにすることができるマジックを持っていることや、人と人の繋がりの大切さも教えてくれる実に温かい作品。

中谷美紀ファンとしても、こんな映画を作ってくれた三島有紀子監督に感謝!

みなさんもぜひお楽しみください。


ps.神戸のみなさん、知っているお馴染みのエリアが出てくるのではないですか?

  あのチーズケーキが食べたい!久しぶりに行きたくなった大好きな神戸へ!

 

日本公開:2015年1月31日

映画「繕い裁つ人」のおすすめポイントをシャーリーと洋美が音声で紹介!


監 督

三島有紀子

キャスト

中谷美紀、三浦貴大、片桐はいり、黒木華、杉咲花、中尾ミエ、伊武雅刀、余貴美子、永野芽郁、小野花梨

配 給

ギャガ GAGA★

公式サイト

http://tsukuroi.gaga.ne.jp

製作年・国

2014年日本映画

上映時間

1時間44分

Copyright

(C)2015 池辺葵/講談社・「繕い裁つ人」製作委員会

「繕い裁つ人」予告編



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0