シャーリー富岡と斉藤洋美が試写会で観たロマンス、コメディ、ヒューマンドラマ、ファンタジー、アニメーション、アクション、ヒストリー、そして、おしゃれな映画を中心に紹介。二人のゆる〜いトークもお楽しみに。

マダム・イン・ニューヨーク

マダム・イン・ニューヨーク

原題:English Vinglish


世界中の女性にエールをプレゼントしてもらえるステキな作品です。
いえいえ、女性だけでなく、周りの人の一言で傷ついたり、悲しい思いをしている人、ちょっと自信をなくしてしまっているすべての人に、勇気と元気を贈ってもらえます。

主人公は、インドの主婦のシャシ。

料理上手なシャシは、夫と子供のために毎日一生懸命尽くしている良妻賢母。
夫や子供から感謝されなくても、認められなくても、毎日頑張っているシャシ。

そんな彼女の悩みは家族の中で自分だけ英語ができないこと。
夫にも子供にもバカにされ、傷つき、ぶつけようのない不満を持ち続けていた。

ある日、NYで暮らす姉から姪の結婚式の手伝いを頼まれ、家族より一足先にNYへ行くことに。
英語ができないシャシは、NYのカフェでコーヒーすら頼めず、打ちひしがれていた。
そんな彼女の目に飛び込んできたのは「4週間で英語が話せる」という英会話学校の広告だった・・・。

この苦手な「英会話」という壁に立ち向かい、一歩前進することによって、シャシの目の前に新たな景色が広がっていく。

コンプレックスをはねのけて、新たな自分を発見できたとき、人はもっとキラキラ輝き出すんだよ!とシャシが教えてくれる。

この映画の脚本・監督のガウリ・シンデーは新人で、女性です。
シャシを演じるのは、ボリウッド映画の歴史に燦然と輝くシュリデヴィ。70年代から90年代にかけて数々のヒット作に出演した大女優だが、1997年に結婚し休業。15年ぶりになった本作で、より一層磨き上げた美貌と演技力で、シャシを見事に演じています。

「マダム・イン・ニューヨーク」は、今までのボリウッド映画のような派手なアクションや歌と踊りはありません。
インド映画の風味を残しつつ、大半がNYロケということもあって、洗練された語り口と音楽で綴られています。
でも、ボリウッドファンの皆さん、勿論、シュリデヴィのステキな踊りも観ることができますからご安心を。

hiromi's note:

主人公のシャシが作る"ラドゥ"というお菓子が本当に美味しそう。
そして、シャシに扮するシュリデヴィが美しくて、美しくて、サリーを纏う美しいシュリデヴィを拝むだけでも一見の価値ありです。
それから、なんといっても、NYの英会話学校でシャシが出会う色々な国の様々な問題を抱えている人達とのかかわりが本当にステキですョ。

 

日本公開:2014年6月28日


監 督

ガウリ・シンデー

キャスト

シュリデビシャシ、アディル・フセイン、アミターブ・バッチャン、メディ・ネブー、プリヤ・アーナンド

配 給

彩プロ

公式サイト

http://madame.ayapro.ne.jp

製作年・国

2012年インド映画

上映時間

2時間14分

Copyright

(C)Eros International Ltd

「マダム・イン・ニューヨーク」予告編



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0