シャーリー富岡と斉藤洋美が試写会で観たロマンス、コメディ、ヒューマンドラマ、ファンタジー、アニメーション、アクション、ヒストリー、そして、おしゃれな映画を中心に紹介。二人のゆる〜いトークもお楽しみに。

グッド・ライ~いちばん優しい嘘~

グッド・ライ~いちばん優しい嘘~

原題:The Good Lie

世界の裏側の驚くべき実話をベースにした感動の物語!
〜誰かの優しい嘘で、今日も世界は救われる〜

物語の主人公は、遥か遠いアフリカから文明大国アメリカへやってきた若者と、彼らに就職の世話をするアメリカ人女性です。

この夢を叶えようと希望に胸を膨らませた若者たちは、信じられない驚くべき事情を抱えていました。

1983年、アフリカのスーダンで内戦が始まり、数万人の子どもたちが両親と住む家を奪われ、彼らは1600キロもの道のりを歩いてやっとの思いでケニアの難民キャンプに辿り着き、そして帰るところもないままそこで育ったのです。
そして、2000年になり、アメリカとスーダンが協力して、"ロストボーイズ"と名付けられた3600人の若者たちを全米各地に移住させる計画を米国史上最大の規模で実施したのです。

突然、"ロストボーイズ"として自由の国アメリカへの切符を渡された若者たちと、彼らを受け入れたアメリカ人との間には、いったいどんなドラマが起きたのでしょうか?

電話を見るのも初めて。車に乗ると一瞬で酔い、牧場を見れば「猛獣はいますか?」と確認し、マクドナルドもピザも知らない、そんな大きなカルチャーギャップを抱える若者たち。
そんな彼らにアメリカで就職の世話をするのは最難関のミッションです。

けれど、彼らと一緒にいればいるほど、厳しい移民生活の中でも失うことのない彼らの純粋さと誇り、そしてその心の絆によって、忘れていた大切なものを思い起こさせてくれるのです。

そのロストボーイズの彼らに就職を紹介するアメリカ人女性キャリーに扮するのは、リース・ウィザースプーン。そして、ロストボーイズを演じるのは、元難民だった俳優やモデル、ミュージシャンたち。ファラルドー監督は、大半のキャストをアメリカや外国に移住させられた、スーダン人コミュニティの中から選ぶことを必然ととらえていたのです。

ファラルドー監督は「知名度よりも彼らが本物のスーダン人であることのほうが重要だった。彼らは心の中にストーリーを抱えている。本人たちだけが持つ偽りのない魂をこの映画に込めてほしかった」と語っています。

脚本家のマーガレット・ネイグルがロストボーイズのことを初めて知った時、彼らのストーリーを伝えたいと感じ、1000人もの難民と会い、リサーチし、真実の体験談が織り込められてつくられたこの脚本。
そして、まさに内戦時のスーダンに滞在していたファラルドー監督は、国連からの要請で撤退したことを今も悔やみ、この脚本と出会った時、どうしても自分が描かなければならないと決意を固めたのだそうです。

そんな熱い思いが込められたこの作品・・・

知られざる史実を知ると共に、笑って、感動して、人間が輝ける未知なる可能性を教えてもらえます。

そして、この作品の中の「優しい嘘」とは・・・是非ご覧になってくださいね。

 

日本公開:2015年4月17日

映画「グッド・ライ~いちばん優しい嘘~」のおすすめポイントをシャーリーと洋美が音声で紹介!


監 督

フィリップ・ファラルドー

キャスト

リース・ウィザースプーン、アーノルド・オーチェン、ゲール・ドゥエイニー、コリー・ストール、エマニュエル・ジャル

配 給

キノフィルムズ

公式サイト

http://goodlie.jp/

製作年・国

2014年アメリカ映画

上映時間

1時間50分

Copyright

(C)2014 Black Label Media, LLC. All Rights Reserved.

「グッド・ライ~いちばん優しい嘘~」予告編


「グッド・ライ~いちばん優しい嘘~」動画


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0