シャーリー富岡と斉藤洋美が試写会で観たロマンス、コメディ、ヒューマンドラマ、ファンタジー、アニメーション、アクション、ヒストリー、そして、おしゃれな映画を中心に紹介。二人のゆる〜いトークもお楽しみに。

バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇蹟)

バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇蹟)

原題:BIRDMAN or (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE )

第87回アカデミー賞(R)で、作品賞、監督賞、撮影賞、脚本賞を受賞した注目作品です。

「バベル」など人間ドラマの名手アレハンドロ・G・イニャリトウ監督が挑んだ今作は、コメディにしてダークファンタジー。

幻想と現実の間を綱渡りしつつも、今という現実からは逃れられないとでも言うような、全編1カットで撮影したかと見紛う奇跡のカメラワーク(長回し)でのストーリー運びは圧巻です。

その撮影を可能にしたのが、「ゼロ・グラビティ」の宇宙映像で第86回アカデミー賞(R)撮影賞を受賞したエマニュエル・ルベッキ。そして、この作品でも勿論、第87回アカデミー賞(R)撮影賞を受賞しています。

かつてスーパーヒーロー映画「バードマン」の主役で、世界的大スターになったリーガン(マイケル・キートン)は、その後のヒット作にも恵まれず、私生活でも結婚に失敗し、失意の日々を送っていた。

そんな仕事も家族も失ったリーガン(マイケル・キートン)が再起を決意し、ブロードウェイの舞台に立とうしたが、実力派俳優(エドワード・ノートン)に脅かされたり、アシスタントにつけた娘のサム(エマ・ストーン)とは溝が深まるばかりに。

しかも、決別したはずの"バードマン"が現れ彼を責め立てる・・・。リーガン(マイケル・キートン)は、再び成功し、家族との絆を取り戻すことができるのか。


このリーガンに扮したのは、スーパーヒーローの元祖「バッドマン」に扮したマイケル・キートン。
どうしても主演してほしいというイニャリトウ監督の願いが叶ってのキャスティングになったそうです。
「バットマン・リターンズ」から22年、キートンとリーガンが重なって、胸が切なくなることも・・・。
(作品の中で、アイアンマンのロバート・ダウニー・Jrに向けるセリフも登場します)

見どころのひとつとして、ニューヨークのタイムズ・スクエア周辺、ブロードウェイのセントジェームズ劇場でのロケが実現。めったに見ることのできないバックステージを見ることができます。
そして、グラミー賞を受賞したアントニオ・サンチェスのドラムスコアは、より一層、人間関係の緊張感を高めています。

主人公リーガン(マイケル・キートン)と同じように、誰かに認められたい、愛されたいという思いは、どんな人も持っているはず。
でも、その愛が真実なのか、それとも、かつてのスターだったときの栄光のように、一瞬で消えてしまうものなのか・・・
欠点だらけのリーガン(マイケル・キートン)は幻想と現実の間で、何を見つけることができるのでしょうか。

HIROMI'S NOTE

アレハンドロ・G・イニャリトウ監督作品を観ると、必ず宿題をもらうような気がします。
「バベル」も「21グラム」も、そしてこの「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇蹟)」も、観終わった後、あれはどういうことだったのだろう、あのシーンのあのセリフは・・・と心の中で繰り返し繰り返し自問自答しています。

勿論、きっと正解などないのだけれど、ある日突然、あっ!そういうことだったのか・・・と自分なりに答えを見つけられる瞬間があります。
本当に不思議なんだけれど、 その瞬間、そうか!とお腹にストンと何かが落ちて、階段を1つ上れたような嬉しさに包まれるのです。
だからなのか、アレハンドロ・G・イニャリトウ監督作品って、何だかとっても惹かれてしまいます。

 

日本公開:2015年4月10日

映画「バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇蹟)」のおすすめポイントをシャーリーと洋美が音声で紹介!


監 督

アレハンドロ・G・イニャリトウ

キャスト

マイケル・キートン、エドワード・ノートン、エマ・ストーン、ナオミ・ワッツ、ザック・ガリフィナーキス、アンドレア・ライズブロー、エイミー・ライアン、リンゼイ・ダンカン

配 給

20世紀フォックス映画

公式サイト

http://www.foxmovies-jp.com/birdman/

製作年・国

2014年アメリカ映画

上映時間

2時間

Copyright

(C) 2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

「バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇蹟)」予告編


「バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇蹟)」動画


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0