シャーリー富岡と斉藤洋美が試写会で観たロマンス、コメディ、ヒューマンドラマ、ファンタジー、アニメーション、アクション、ヒストリー、そして、おしゃれな映画を中心に紹介。二人のゆる〜いトークもお楽しみに。

JIMI:栄光への軌跡

JIMI:栄光への軌跡

原題: JIMI: All Is By My Side

史上最も偉大なロックギタリスト、ジミ・ヘンドリックスはこうして見出され、伝説となった!

ギターの神様と呼ばれる前、名もない男にこんな軌跡の出会いがあった。
その男とは後にジミー・ヘンドリックスとして世界を圧倒させるギタープレイと音楽を放つレジェンドとしてミュージックヒストリーに名を刻む。

ジミの才能を見出したのはなんとローリング・ストーンズのキース・リチャーズのガールフレンドのリンダだった。

ジミヘンがアメリカで大ブレイクするまでの2年間、1966-1967に彼の人生に起こった出来事、そして彼の素顔に迫る。これまでにないエンターテイニングな伝記映画は「それでも夜は明ける」で脚本と製作総指揮を務め、アカデミー賞(R)をはじめ数多くの賞を受賞したジョン・リドリーが監督と脚本を担当。

ジミヘンがプレイしたニューヨークのチータ・クラブやサヴィル・シアター。レコーディングを行ったスタジオなど、60年代当時、彼の音楽がどの様に生まれたのかが密に描かれている。60'sのアメリカとイギリスのロックシーンが感じ取れる。ジミがクラプトンとセッションするシーンが最高に面白い!さらにビートルズの前で披露したあの曲・・・。

この映画の鍵を握るのは、ジミ・ヘンドリックスを演じた絶大な人気を誇るヒップホップユニットOUTKASTのアンドレ・ベンジャミン。

ジミヘンほどの有名人を演じるのに最初は抵抗があって何度も断ったそう。しかし監督の熱いラブコールに負けたアンドレの見事なパフォーマンスは必見。右引きの彼は左引きのジミのプレイを真似るのに毎日猛特訓したそう。結果はお見事でした!

映画ではジミヘンが残した名曲が聞けないかもしれないが、違ったパーソナルな彼に出逢える。彼の成功の裏には女性の存在が大きかった、女性によってジミが音楽的に影響されたてんなど、彼と女性の関係が深い。

リンダを演じた人気イギリス女優、イモージェン・プーツ(ニード・フォア・スピード、グッバイ・アンド・ハロー~父からの贈り物)はジミの将来に大きな影響を与えると共に、彼との出会いによって自分の心も揺れ動く事になる。彼女の最高にスタイリッシュな60'sファッションも魅力的。

ロンドンでジミのガールフレンド、キャシーを演じるのはロンドン生まれ「キャプテン・アメリカ」シリーズでお馴染みのヘイリー・アトウェル。今までとはかなり違った今回の役でさらに注目を集めている彼女。

1970年に27歳の若さでこの世を去った天才ギタリスト、カルチャー・アイコンでもあったジミ・ヘンドリックス。彼の知られざる軌跡がここにある。

 

日本公開:2015年4月11日

映画「JIMI:栄光への軌跡」のおすすめポイントをシャーリーと洋美が音声で紹介!


監 督

ジョン・リドリー

キャスト

アンドレ・ベンジャミン、ヘイリー・アトウェル、イモージェン・プーツ、ルース・ネッガ、アンドリュー・バックレー、オリヴァー・ベネット、トム・ダンレア

配 給

東京テアトル

公式サイト

http://jimi-movie.com

製作年・国

2013年イギリス映画

上映時間

1時間58分

Copyright

(C)MMXIII AIBMS,LLC,All Rights Reserved

「JIMI:栄光への軌跡」予告編



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0